中国製の新型音声翻訳機Boeleo K1 Pro BF07の性能は如何に?

2019年7月8日に開催されたVoiceWorld Z Meetup Vol.5にて、「進化する音声翻訳機」という発表をさせていただきました。

この発表の中で現在は音声翻訳機3.0の時代で、メーカーはユーザー特定型の翻訳機をだしているという説明をしました。

20190708VoiceWorldZ PDF

この音声翻訳機3.0として、私としては機能を思い切って絞り込んだ富士通のarrows helloを評価しているとはなしたのですが、先日、中国のネットショップサイト Bang goodの担当者から、下記の翻訳機の紹介を受けました。

それがこちら、

Boeleo K1 Pro BF07 Smartです。


Boeleo k1 pro bf07

Boeleo K1 Pro BF07の特長

Boeleo K1 Pro BF07の特長は

  • 値段が激安! 8,217円
  • カメラ翻訳あり
  • オフライン翻訳

以上3点。

なによりも、富士通arrows helloもKAZUNA eTalk5も3万円ほどするのに対して、こちらの金額が1万円を切る価格というのがすごい点。

さらに、オフライン翻訳が中国語、英語、日本語、韓国語、フランス語の5ヶ国語に対応しているのもかなり気になります。

Bang goodから評価依頼がありました!

今回、Bang goodから依頼があり、この翻訳機「Boeleo K1 Pro BF07」を評価させていただくことになりました。

実際音声翻訳機は、本当に翻訳性能が使えるものなのか?使い勝手はどうなのか?カタログの性能ばかりが良くて、実際には使いにくいものだったり、翻訳が実用では使えないのではないか?といったことは、実機で試してみないとわかりません。

評価させていただくことになったので、届きましたら私のYouTubeチャンネルでレビューとPocketalkやarrows hello、そしてiliとの比較動画を作る予定です。

なかちょんチャンネル

まとめ

今回、評価機が届いたら検証したいのは、オフライン翻訳の部分。AI翻訳といいつつも、クラウドではなく端末自身で翻訳をおこなうためには、そのもととなるデータ容量の問題があり、これが本当に実用レベルで作り上げられていたとしたら、音声翻訳機4.0の世代になると考えています。

ということで、レビュー動画を楽しみにしてください。

あと、チャンネル登録もお願いします!