ファミリーマートのこだわりカレーはかなり味にこだわってるカレーだぞ!

ちょっと前にファミリーマートのカレーがうまいときいてからたまに食べていた。

イートインがあるタイプのファミマだと、中途半端なおやつでなく、早目の夕食として食べれるのでなかなか便利だ。

税込300円以下の価格帯は絶妙

こだわりカレーの価格は今日現在、税込で298円。今やちょっとしたパンやお菓子などが100円では買えず、150円や200円ぐらいしてしまうことを考えると、食事として成立するカレーでこの価格は絶妙だと思う。

僕の場合はおやつを一生懸命我慢したものの、4時ぐらいに空腹に耐えられなくなった時にこのこだわりカレーを早目の夕食として食べたりする。そうすれば間食にはならない。

豊富な揚げ物お惣菜が満足度を押し上げる

白いご飯にカレーの組み合わせで確かに食事として成立はするのだが、おやつも摂らずにそれだけだとやっぱり物足りない。

しかし、そんな糖分と揚げ物が大好きな僕達の顧客満足度をアップさせるアイテムが、ファミリーマートにはある。

それが、レジ横のガラスケースに並ぶこれらだ。

実際、こだわりカレーのパッケージにも、コロッケと一緒に食べることをオススメしている。

味はそうとうこだわっている

カレーライスと一言でいっても、家で食べる手作りカレー、レトルトのカレー、松屋のカレー、立ち食いカレースタンドのカレー、それぞれで別物と思えるぐらい味が違う。

そんな中、コンビニで食べるカレーでかつこの値段なのだから味はその程度だろうなと思うと、その予想は見事に裏切られる。

うまい!

本当にうまいのである!

レトルトカレーとも違う、その他のお店のカレーとも違う、そうかといって手作り家カレーともまた違う、絶妙な味。

きっと、ファミリーマートの開発の方々は、味の方向性についてものすごい検討をして、こだわってこだわり抜いて商品化したのでしょう。

こだわりカレーのこだわりは、伊達じゃない!

まとめ

自分の中でコンビニはあくまでもおやつの調達先という感覚があって、しっかりとした食事をする場所という認識ではなかったのですが、このこだわりカレーとイートインコーナー、そしてドリップコーヒーなどと、次から次へともとめるものが提供されてきてます。

さてさて、これからもコンビニはどんな風に進化して行くのか、とっても楽しみですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク