楽天kobo gloで電子書籍リーダーを初体験。iPad miniのkindleアプリとは違うSF的な新感覚

ご縁があり、楽天さんからkobo gloを1ヶ月モニターさせていただきました。

当初、まったく自分の物欲レーダーには入っていなかった電子書籍リーダーですが、今回、kobo gloを使ってみて、普通の紙の書籍とも、iPad miniでみるkindleアプリとも違う、その独特の読み心地の良さにハマり、絶対に買いたいものになりました。

私が感じた電子書籍リーダー kobo gloの使い勝手をご紹介したいと思います。

楽天・kobo glo

電子書籍はiPad miniのkindleで読んでいた

昔から通勤時間は片道1時間半以上かかることが多いので、だいたい月に20冊程読んでいます。

本屋で買う、Bookoffなどの古本屋で買う、図書館で借りるというパターンがありますが、町田市民になってからは町田の図書館がとても充実しているので、気になった本は町田の図書館をチェックしてなければ購入というのが最近のパターンです。

電子書籍が読みたくてkindle paper whiteが発売されたときに購入を考えました。しかし、購入前に使ってみたiPhoneのkindleのアプリの使い心地の良さに満足して、だったらiPad miniを買ったほうが電子書籍以外の用途にも使えると思い、結局、iPad miniを購入しました。

その後、自分でお金を払って購入した電子書籍は15冊。購入するタイトルについては、イケダハヤトさんのブログでの紹介やFacebookやTwitterで流れてくる情報から気になったものを選んでいます。

kobo gloのファーストインプレッション

通常のiPadとくらべて小さくて軽いと思っていたiPad miniも、kobo gloと比べるとその大きさや重さが気になるようになりました。

つまり、それだけkobo gloは軽くてちょうどいいサイズということ。

楽天・kobo glo

特に手のひらからちょっとはみ出した程度の大きさというのは、満員電車の中でも、家でゆったりしている時も、読み心地が良いとても調度良いサイズです。

ただ、違和感もあります。画面切り替えのときに一瞬と言えないぐらいの長さで画面がフラッシュするのは見づらいなぁと思いました。

電子書籍をkobo gloで読んでみた

iPad miniのkindleアプリとは確実に違う読み心地です。電子インクが目に優しいとか紙の本に近いというのがあるのでしょうが、自然に画面を見て読むことができます。

また、ページを送るのは左手の親指をほんのわずかに動かすだけ。今まで紙の本では当たり前だったページをめくるという動作がないというだけで、まるで自分が機械になってデータを読み込んでいくような感覚になります。

結果として、本を読むという自主的に行う【行動】が、自分の思考にデータを流し込むという【作業】になったような感覚です。

【作業】というとちょっとネガティブな印象にとらわれるかもしれませんがそうではなく、本に書かれているテキストを自分の頭の中にいれるという過程において、摩擦が減ったというか、効率があがったというか、そんなイメージです。

たとえて言うと、ドラえもんで「暗記パン」というパンを本に押し付けて内容をパンに写し、食べることで記憶するという道具がありましたが、これに近い感覚です。

う〜ん、うまくいえない…..

この言葉で表現できない電子書籍リーダーを使った独特の感覚は、どう伝えればよいのでしょうか…

kindle paper whiteとkobo glo、どっちがいいのか?

kindle paper whiteは利用したことが無いのですが、タブレット端末のようにバックライトを使った表示装置と、電子インクをつかった電子書籍端末では、読み心地が全く違います。

なので、kindle paper whiteでもkobo gloと同じような読み心地だと思います。差が出るとしたら、ハードの部分ではなく、読みたくなる本の紹介や割引セール情報を、どちらの端末の方が自分にとって自然に入手できるかだと。

楽天さんからはkoboについてのニュースが来ますが、イマイチ購入の行動に結びつきません。一方、イケダハヤトさんのブログで紹介されているkindle本のセール情報は、本への興味と価格のお得感のどちらからも購入に結びつきやすい印象です。

現状、私が入手している電子書籍のオススメや割引情報からいうと、電子書籍リーダーはkindle paper whiteの方が良さそうです。

まとめ

電子書籍リーダーを実際に使ってみて驚いたのは、その読み心地です。

SF映画のマトリクスでは、人間の後頭部にコネクターを差し込んで電子情報と人間の脳をつなげていましたが、私が感じた感覚はこれに近いものです。(あくまでも個人の感想です)

これは、それまで使っていたiPad miniでは感じなかった感覚でした。なので今回、これからはiPad miniで積極的に電子書籍を読むということは無いとおもいます。

また、kobo gloはとても気に入ったので今後も使いたいと思っているのですが、購買につながるような、オススメと割引情報が入手できないところがひっかかっています。

これについては、引き続き、情報を探していきたいと思っています。

↓ kobo glo とiPad miniの比較動画

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク