誤作動でKindleコンテンツを勝手に購入したけど返品OKだった件

AndroidのタブレットでKindleを利用しているのですが、誤動作で勝手に漫画を2冊購入してしまいました。1Click注文で続けざまに540円の本を2冊購入されダウンロードしてしまいました。

合わせて1080円の出費は痛いなぁと思っていたところ、Kindle本も返品できるということを知り、カスタマーサービスに連絡をしたところ無事に返品&キャンセルすることができました。

そもそもの原因は誤作動が多いAndroidタブレット

AmazonのKindle Unlimitedプランを利用しているので通勤中はAndroidのタブレットで本を読んでいます。

ただ僕の使っているAndroidタブレットはたまにページが勝手にめくれてしまったり拡大されてしまったりとちょっと使いづらく、そんなときは再起動したりして対応しているのですが、今日はUnlimitedの本を入れ替えようと同期をしたところ、画面がチラチラして「1clickで購入しました!」みたいな表示がされました。

恐る恐るPCから購入履歴をチェックしてみると、

kindle誤購入

あぁ、しっかり購入されています。

こういった性格のものは返品ができないと思っていたので落ち込みましたが、「amazon kindle 誤購入」で検索したところ、どうやら返品&キャンセルができるらしいことがわかりました。

Kindle本の誤購入はAmazonの裁量で返金してもらえる!

Kindleストアでご購入いただいたKindle本については、注文日から7日以内に限り、Amazonの裁量にて返金を承っております。

Amazonのトラブルシューティングをみたところ、上記の用にAmazonの裁量によって返金をしてもらえることがわかりました。

では、その対応方法をご紹介します。

Amazon カスタマーサービスに連絡して返品

Amazonカスタマーサービスに連絡

まずは上記のカスタマーサービスに連絡というURLをクリックします。

kindle誤購入

お問合せの種類を選択するところで「デジタルサービス」をクリック。

kindle誤購入

お問合せ内容 → Kindle本について

詳細内容   → Kindle本の返品

を選び、「3 お問合せ方法を選択してください」でチャットを選びます。

すると、別ウインドウでチャット画面が立ち上がり、誤購入したコンテンツの注文番号を入れてやりとりをすると、無事に全額返金しますという回答をいただくことができました。

あぁ、よかった!

Kindleの1 clickは解除できない

Androidタブレットは誤作動が多いので、今後のことも考え「1Click購入」ができなくなる方法をきいてみたのですが、デジタルコンテンツは1Click購入しかできないため、これを解除することは出来ないと教えてもらいました。

今後も誤作動による誤購入の可能性はあるのですが、最悪、返金してもらえることがわかったので、とりあえずこのままの状態で使い続けてみようと思います。

まとめ

デジタルコンテンツという性格上、普通に考えると誤動作や誤購入であっても返品は無理だと思われたのですが、Amazonのカスタマーサービスに連絡し、すんなりと返金に応じてもらえました。

他のサービスだったらこんな対応してもらえないだろうことを考えると、Amazonの対応は本当に顧客の立場で助かります。

ということで、みなさんも間違ってKindleコンテンツを購入した時はあきらめずにAmazonのカスタマーサービスに連絡をとってみてください。

Amazonプライム

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク