Osclassをフォルダ名無しでインストールする方法

ちょっと前に気になっていたOsclassについて、これをつかって知人がサイトをつくるということなので、私も改めてためしています。

その知人から、osclassをインストールすると、 hoge.com/osclass となってしまうので、これを hoge.com のようにできないかという相談を受けました。

あと、osclass勉強会というFacebookグループをつくりました。興味あるかた情報を共有しましょう。

Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

手順

FTPでやる手順です。

  1. Osclassのファイルをダウンロード。 (osclass.3.7.2.zipと圧縮されている)
  2. 自分のパソコンで、これを解凍する。
  3. osclass.3.7.2というフォルダの中にファイルが展開されるので、このファイルをFTPでアップロードする
  4. hoge.comにブラウザからアクセスする
  5. インストールする

といった手順です。

osclassをダウンロード

まずは公式サイトにて、osclassをダウンロードします。

Osclass the free classifieds script

osclass is a php script that allows you to quickly create and manage your own free classifieds site. You can provide free advertising for items for sale, real e...

自分のパソコンで解凍する

圧縮解凍ソフトなどをつかって解凍してください。

すると、こんな風に展開されます。

Osclass 3 7 3

FTPでアップロードする

上の、赤い四角でかこまれたファイルやフォルダをFTPでアップロードします。

ブラウザでアクセスしてインストール

ブラウザで自分のURLにアクセスします。

Osclass Error

エラーとでていますが気にしないでinstallというボタンをおします。

Osclass Installation

この画面で、全て緑のチェックができていればインストール可能です。 Run the installをおしましょう。

Osclass Installation

ここで、データベースについての必要事項を入力します。

Osclass Installation

なんか下の方に赤い字でエラーがでましたが、気にせず先にすすみます。

Osclass Installation

これで無事にインストールができたようです。

一番下のFinish and go to the administration panel のボタンを押してインストールを終了します。

Osclassテスト Log in

この画面にうつりますが、自分のURLをブラウザからいれてみてください。

Osclassテスト

ドメイン直下で、osclassというフォルダになることなくインストールができました。

まとめ

Osclassはなかなかおもしろそうで便利なのですが、日本語の情報があまりないので、検証した内容などをこれから紹介していきたいとおもいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク