osclassには日本語言語ファイルがあった!あと、これって標準で多言語対応っぽい

マッチングサイトがつくれるCMS ocslassですが、インストールした状態では英語になっています。

自分で日本語にしなければならないのかなぁと思っていたところ、既に日本語の言語ファイルがありました。

とりあえず、日本語化してみましたのでその記録。

管理画面のMarketから日本語ファイルを探す。

osclassの管理画面のMarketからLanguagesを選ぶと、言語ファイルを選ぶことができます。

ちなみに、検索は無いようなので下にあるページを送りながら日本語のファイル(ja_JA)を探しましょう。

私の時は3ページ目で見付けました。

Market

インストールするとこのような画面がでます。

日本語のメニューで Enableをクリックすると日本語が有効になります。

Languages oscalssテストサイト Osclass

このように、あなたのサイトでこの言語が有効になりましたとの表示。

Languages oscalssテストサイト Osclass

ちなみに、Enable(有効化)したい言語を選び、上のドロップダウンリストからEnableを選択し、Applyを押しても有効化されます。

でも、これって複数選択もできるんです。何故かは後ほどわかります。

Languages oscalssテストサイト Osclass

サイトを見てみると….

さて、これで日本語化できただろうと思いサイトを表示させてみます。

Oscalssテストサイト

あれー!変わってない!!

自分が日本語で登録したサイト名以外は完全に英語のまんまです。

どうしたものだろう?と思っていろいろ探っていると

サイトのフッター部に、Languageとかかれその横にJapaneseという表示を見付けました。

Oscalssテストサイト

で、Japaneseをクリックすると….

Oscalssテストサイト

見事に日本語が表示されました。

ただし、管理画面はまだ英語のままでした。

osclassは多言語対応サイトなのか?

先ほどのフッター部にLanguageがいろいろ表示されるということは、多言語サイトの機能が最初から付いているようです。

ちなみに、ListingからEditを押してみたところ、投稿画面にはJapaneseとEnglishの2つのタブがありました。

これって多言語対応サイトの機能ですよね?

Edit listing oscalssテストサイト Osclass

まとめ

まだまだわからないところが多いのですが、とりいそぎ日本語対応はできるようです。ただし、初期の日本語ファイルはけっこう変な日本語になっていることが多いので、今後、どこが変なのか?とか、どうやったら修正できるのか?などを調べていきたいとおもいます。

あと、英語の言語ファイルを消そうとしたのですが、デフォルトなので削除できないとメッセージがでました。一番最初に表示される言語設定を日本語にする方法も知りたいです。

ということで、osclass、もっともっと勉強していきます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク