Laravel忘備録ページ

e-learningのサイトUdemyを使ってLaravelを勉強中です。

英語ですが、自分がつくりたいイメージの教材がありましたのでいろいろ躓いたところなどをメモしていきます。

Build Ajax Web Apps with Laravel 5.2, Bootstrap and jQuery

ちなみに、初心者の方や英語はちょっとという方には、井上博樹先生の下記の講座がすごくおすすめです。

とくに、サーバーやプログラミング環境などを詳しく解説されているので、今まで独学でプログラミングの学習をやってきた方や、これから新しくプログラミングの勉強をされる方は井上先生の講座を受けることを強くオススメします。

【2日でできる】はじめての PHP x Laravel 5 入門

自分の環境

自分の環境です。

  • PC: MacBookRetina15 2013
  • OS: masOC Sierra 10.12.5

Laravel 5.2のインストール

教材どおりにインストールするとLaravelの最新版になってしまい、その後、いろいろトラブルがおこるので、5.2をインストールします。


composer create-project "laravel/laravel=5.2.*" contact_manager

MacでAtomのtoggle tree viewは,本当は「cmd+\」なんだけどうまくいかないので、


cmd+k cmd+b

とやる。

MySQLについて

私はMAMPのMySQLをつかうので、

.envのファイルに


DB_SOCKET = /Applications/MAMP/tmp/mysql/mysql.sock

と記述すると、MAMPのMySQLを使うことができます。

Scaffold

Laravelのプロジェクトのフォルダに移動してからターミナルでコマンド入力


composer require 'laralib/l5scaffold' --dev

config/app.phpの’providers’ => に下記の記述をする。

Laralib\L5scaffold\GeneratorsServiceProvider::class

ちゃんとインストールできたかどうか確認


php artisan

これが出ればOK。

次に、モデルをつくる。今回はlampというモデルをつくりました。


php artisan make:scaffold Lamp --schema="lamp_name:string, ec_id:string,manufacture:string,status:string"

コマンドした後、app/Http/routes.phpに下記を記載

Route::resource("lamps","LampController");

.envにデータベースの設定ができていたら


php artisan migrate

これでテーブルがつくられます。

あとは、



にアクセスすると、viewからcontrollerから全てできています。(最初はデータが登録されていないのでEmptyと表示されます)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク