オープンソースカフェ下北沢にて3Dプリンターで型つくってクッキー作ってた!

昨日、久しぶりにオープンソースカフェ下北沢にいったのですが、たまたま3Dプリンターで型を作ってクッキーを作るというイベントをやっていました。

こちらにある3Dプリンターは「Up Plud」という機種。15万円程で買えるそうな。

今回は、リブライズというサービスのキャラクターのブッくんというタヌキ?

まずは外枠。ベース部分がこんな風になってます。

この状態からはけっこう簡単に外れるみたいです。ぱかっと分離しました。

で、最終的にできたのがこちら。中の黒い部分はココアパウダーを混ぜた生地。

3Dプリンターって話ではいろいろきいていましたが、実際に使っているところや、それを利用してつくった最終成果物を見たのは初めてだったので、けっこう衝撃を受けました。

今まで樹脂で何かをつくるってすごく大事だったけど、15万程の装置でここまで出来てしまうってすごいですよね。

今回は身近なクッキーが成果物でしたが、これがあれば他にもいろいろ楽しいことができそうですねー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク