僕にこの先、脳・心筋梗塞が起こったとしてもそりゃそうだよねとなる理由

昨年11月に会社で受けた健康診断で「メタボリックシンドローム判定」に予備軍に該当し「特定保険指導」の対象になったことから、医療機関から連絡があり、保健師の方と面談を受けてきました。

生活習慣病は日々の食事や運動不足などから起こるとなんとなく理解しておりますが、自分の健康診断の結果から将来どんなことが予測されるのかや、防ぐためには何を意識するべきかなどについてわかりやすくおしえてもらったので、ご紹介したいと思います。

健康寿命と平均寿命の違い

面談の最初に説明されたのが「健康寿命」と「平均寿命」の違いのこと。

曰く、日本人男性の平均寿命は81歳といわれているがそれは生物学的に生きているということであって、普通に生活できる状態での寿命は73歳でこれを「平均寿命」とわけて「健康寿命」と呼ぶ。

73歳と81歳の8歳の差はなにかというと、要介護4以上の状態だといわれ、この要介護4というのは「自分ひとりでごはんが食べれずトイレもいけない介護状態」のこと。つまり、自分の1人では生活できない状態のこと。つまり、自分の意志で活動でき健康上の問題が無い状態での寿命は73歳。

日本人男性が要介護状態になる原因は、がんも多いけど「脳梗塞と心筋梗塞」も多く、後者は30代、40代で受けている健康診断の結果でほぼ予想できるとのこと。そして、私のここ数年の健康診断の数値は、将来的に脳梗塞や心筋梗塞が起こったとしても、そりゃそうだよね!となるようなものであると。

僕にこの先、脳梗塞や心筋梗塞が起こったとしてもそりゃそうだよねとなる理由

さて、僕と同じように将来的に脳梗塞や心筋梗塞が起こりそうな友人がたくさんいるので、ここで健康診断結果をそのままさらします。

下が過去3年分の健康診断結果です。

健康診断結果

以前から健康診断の結果、「脂質代謝障害」でC判定は出ていたりしたのですが、自分の中では甘いものと脂っこいものが大好きなので、まぁしょうがないかなと思う程度でそれほど深刻には考えていませんでした。

ただし最近は、以前70kg前後で推移していた体重が80kg近辺になった為に危機感を持ち、食事は我慢できないから運動すればなんとかなるだろうとランニングをはじめたところでした。

40歳からのランニングは心拍数管理で疲労のコントロールをしよう

なので、1ヶ月100km程のペースで走れば、食事制限など必要ないとおもったのですが保健師の先生からは、

「あなたの中性脂肪とLDLコレステロールの数値からみると、この先、脳梗塞や心筋梗塞が起こったとしても、そりゃそうだよね!って数値ですよ。運動も大事だけど、食生活を改善しなきゃだめ!」

とお叱りを受けました。

血管が詰まるメカニズムは(LDLーHDL)×中性脂肪

注1: (LDL-HDL)×中性脂肪 ←この数式は保健師の先生の言葉から私が勝手につくりました。

注2:  下記の文章は保健師の先生からの言葉を自分なりに解釈して書いたものなので、間違っている可能性があります。

先生曰く、血管がつまるメカニズムは、善玉とよばれるHDLコレステロールから悪玉とよばれるLDLコレステロールの差で、LDLコレステロールの数値が高いと、その分だけ少しづつ血管の壁にコレステロールがたまっていくとのこと。

私の平成28年11月7日の健康診断の結果をみると

HDL = 41
LDL = 139

139-41 = 98が、1日に血管につくコレステロールの量になる。

ちなみに、HDLの2倍程度のLDLの場合は80歳まではつまらないと言われている。でも、僕の場合は 139÷41 = 3.39なので80歳までもたない。

さらに、中性脂肪というのがやっかいで、血管の壁にコレステロールが付着していると、血液の中を流れる中性脂肪がひっかかりやすくなり、それが頭で起これば脳梗塞、心臓で起これば心筋梗塞。

中性脂肪やLDLコレステロールは、あなたの毎日食べているものによって決まってくる。つまり、中性脂肪やLDLコレステロールの数値が高くなりやすい食生活を自分で変えることが必要なんですよ!

とのことでした。なるほど、納得。

私が中性脂肪とLDLコレステロールの数値を落とすために必要なこと

がんばって無理をしてもリバウンドすることが多いので、正しい知識で無理のない行動をとりましょう。

僕の場合はコバラが空くと、すぐにコンビニスイーツや菓子パンを食べてしまうので、そこから気をつけましょう。商品を選ぶ際に、「カロリー」と「脂質」の数値を見てなるべく低いものを選ぶようにとのことでした。

実際、クリーム系や揚げ物はこの両方の数値が高く、さらにそれはスイーツよりもポテトチップスなどのスナック菓子がかなり高いようです。

まとめ これからの僕の生活

今までなんとなく自分の食生活が良くないことはわかっていましたが、40も半ばを過ぎ50代という年齢が見え始めると、肉体の衰えや生活習慣病の兆候がリアルに感じられるようになります。

血管が詰まって発生する病気の場合は、自分が今から運動をするか?何を選んで食べるか?という小さな小さな毎日の決断の積み重ねによって未来が決まっていきます。

生クリーム大好き! 背脂プカプカ浮いているラーメン最高! おなかいっぱい食べたい!

これまで自分の欲望に素直に生きてきましたが、よくよく考えてみると「今はそれほどこれが食べたいわけじゃない」ということも多々ありました。

なので、私のこれからの生き方としては、

「本当に食べたいものは食べる!でも、そこまで食べたいと思っていない時に食べるようなことはなくす!」

といった考えでいこうと思います。

ということで、以前の自分とくらべて「シュッとしてなくなった」私の友人の方々! 中性脂肪やLDLコレステロールの数値が高いと、ある日突然、心筋梗塞や脳梗塞になるリスクがうなぎのぼりになるので、食生活の改善や運動の習慣をぜひするようにしてください。

私でなにかお役に立てることがあれば、なんでもきいてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク