Zwift6日目終了。レポート画面を記録のためにブログに貼ってくことにした

Zwift6日目終了。

Zwift

本日もフラットな火山島のコースで45分間、AmazonPrimeの「フィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリームズ シーズン1 第2話 自動工場」を見ながらエクササイズ。

ちなみに、フィリップ・K・ディック氏は映画「ブレード・ランナー」の原作となった「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の作者の方です。AmazonPrimeでは、このフィリップ・K・ディック氏の短編が見れるので、SF好きな方は絶対に見たほうがいいですよ!

ライド結果のレポート画面

ライドが終了するとこんなレポートが表示されます。

Zwift

こちらが「全般」タブで、パワー、距離、時間、消費カロリーと、他のライダーからいいねされた数、コースのルートなどが表示されます。

なにげに「いいね」を2個もいただいていました。気づかなかったけどありがとうございます!

Zwift

「タイムライン」タブではセンサーやローラーからの情報が表示。ケイデンスセンサーは付けてたはずなのですが、これ、クリックしてないと表示されないのかな?次回、試してみます。

パワーや心拍数の分布も表示されるので、トレーニングを続けてここらへんの数字が上がるのをニヤニヤしながら見るという楽しみがありそうです。

Zwift

「クリティカルパワー」というタブ。でも初めて聞く言葉なのでぐぐってみると下記のサイトで説明されていました。

クリティカル・パワー(CP)とは? ~CP0.2、CP1、CP6、CP12、CP30、CP60、CP90、CP180の意味するものは?~【WIB】−じてトレ

Zwift

最後に、これは今までの積算値レポートのようです。

まとめ

ランニングもそうですが40代からの運動は、とにかく1回の負荷を軽くして継続することが大事。Zwiftも6日目ですが、ちょっとづつ体の変化が起こっているような感じです。

なので、今は何がなんだかわからないけど、レポート画面を保存しておいて、後から自分の体の変化を数字でわかるようにしていきたいとおもいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク