なかちょんブログ

プログラミングとマイクラ好きな子育てパパのブログ

Node.jsのバージョンがあがらないからなんでだろうと調べてみた

   

Node.jsのバージョンがあがらないので確認

最近はNode-REDを使ったりLaravelの勉強をしたりと、Node.jsの勉強をもっとせねばならない状況です。

で、ちょっと前にMacをOS Sierraにクリーンインストールしたこともあり、改めてNodeを入れたのですが、正直あまり理解していないので、その都度ググってみつかったサイトの方法でやってました。

Nodeのバージョンがあがらない?

ターミナルでNode.jsのバージョンを確認してみると

$ node -v
v.4.4.7

となり、最新はv7.10.0ぐらいなのにちょっと古すぎるのでアップデートすることにしました。

Node js

しかし、公式サイトからv7.10.0をインストールしたものの、node -vとやってもなぜだかバージョンがあがりません。

Node.js

なんだか、node.jsのインストール方法もいろいろあるので、もしかしたら複数のnode.jsをインストールしてるのではないかと思いしらべてみました。

which nodeで、node.jsがどこにインストールされているのか確認

ターミナルから

$ which node

と打つと

/Users/nakachon/.nvm/versions/node/v4.4.7/bin/node

と表示されました。

どうやら、nvmでnode.jsをインストールしていたようです。

そういえば、先程公式サイトからNodeをインストールすると、

Node.js was installed at

/usr/local/bin/node

npm was installed at

/usr/local/bin/npm

Make sure that /usr/local/bin is in your $PATH.

このように表示されたので、明らかにパスが違っています。

Macの場合、$PATHはホームディレクトリにある.bash_profileというファイルにかかれているのでこちらを確認。

ターミナルから

$ cd ~ (ホームディレクトリに移動)

$ ls -al

とやると、.bash_profileのファイルがありました。

ここで

$ cat .bash_profile

とすると

export NVM_DIR="$HOME/.nvm"
[ -s "$NVM_DIR/nvm.sh" ] && \. "$NVM_DIR/nvm.sh"  # This loads nvm
[ -s "$NVM_DIR/bash_completion" ] && \. "$NVM_DIR/bash_completion"  # This loads nvm bash_completion

となっていました。

nvmでインストールしたnode.jsとnvmの削除

複数のnodeがあるとなんか悪さしそうなので、nvmでインストールしたnode.jsとnvmの削除します。

こちらのサイトにやり方がありました。

Node.jsの管理をnvmからnodebrewに変更した時のメモ – Qiita

まずは、先程の.bash_profileにあったNVMの部分を削除します。

次に、nvmフォルダもけします。

$sudo rm -rf ~/.nvm

.bash_profileの変更を反映

$source ~/.bash_profile

Nodeのファイルを確認

$which node
/usr/local/bin/node

となり、公式サイトからインストールしたnode.jsが見られるようになりました。

$node -v
v7.10.0

バージョンも最新になってます。

 - node.js