PCやスマホの映像を無線で表示できるワイヤレスディスプレイアダプター

リンクシェア レビュー・アフィリエイト

簡単にWindowsPCの画面を無線で表示できる「マイクロソフトワイヤレスディスプレイアダプター」をご存知でしょうか?

「Miracast(ミラキャスト)」とよばれる技術が使われており、WiFi経由でPCやスマートフォンなどのディスプレイをミラーリングすることができます。AppleのAirPlayと違うのはこれが公開されたオープンな技術であること。その為、Miracastに対応しているディプレイや端末同士であれば、気軽に画面のミラーリングができることがメリットです。

「マイクロソフトワイヤレスディスプレイアダプター」はこのMiracastを既存のディスプレイでも簡単に利用するための製品です。

マイクロソフトワイヤレスディスプレイアダプター

MS Wireless Display Adapter

製品はUSB端子とHDMIがケーブルでつながっているシンプルな構造。

ワイヤレスディスプレイアダプター

持ち運びするときは、付属しているコネクターでこんな風にします。

ワイヤレスディスプレイアダプター

USBとHDMIがケーブルでつながっていますが、このUSBはあくまでも給電のためのものでPCと接続するわけではありません。上の写真のようにUSB端子があるディスプレイなら直接給電ができもう片方はHDMI入力に差し込みます。

ケーブルの長さは30cm。ディスプレイと端末が受信できる距離は7m程です。

マイクロソフトワイヤレスディスプレイアダプターの起動にはちょっと時間がかかる

マイクロソフトワイヤレスディスプレイアダプター

ディスプレイにマイクロソフトワイヤレスディスプレイアダプターを接続して電源をいれるとこのような画面が表示されます。

マイクロソフトワイヤレスディスプレイアダプター

しばらくすると「接続の準備ができました」と表示され、ここでPCやスマートフォンの方で接続のための設定を行います。

マイクロソフトワイヤレスディスプレイアダプター

こちらはPC側の画面。接続をしているところ。

マイクロソフトワイヤレスディスプレイアダプター

ディスプレイ側にもこのように「接続中」と表示されます。

マイクロソフトワイヤレスディスプレイアダプター

しばらくすると無事にPC側の画面がワイヤレスでディスプレイやプロジェクターに表示することができます。ただし、Windows8.1以降しか対応していませんのでお気をつけください。

動画で紹介

実際にマイクロソフトワイヤレスディスプレイアダプターを使っている様子を動画で撮影しました。

まとめ

Miracast(ミラキャスト)という技術は特定の企業に依存することがないオープンな規格なので、今後、スマートフォンやPCなど多くの製品が対応していき将来的にはプロジェクターやディプレイがPCやスマートフォンと当たり前の用に無線で接続できるようになるでしょう。

ただ、現段階ではMiracastに対応していないディプレイも多いので、そんな時はコンパクトで持ち運びもでき、簡単に接続できる「マイクロソフトワイヤレスディスプレイアダプター」を用意しておくのがオススメです。

マイクロソフトワイヤレスディスプレイアダプターは、下記のマイクロソフト公式サイトにて¥7,538(税込み:2016/12/3時点)で販売されています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク