なかちょんブログ

プログラミングとマイクラ好きな子育てパパのブログ

素人のイベント主催者が公開で集客をするとき人に迷惑をかけない方法について

   

イベントや勉強会主催の件ってすごく考える。

(イベントも勉強会も同じものとして話をします)

私はかつて初心者の自分が悩んでわからなかったことを、今、かつての自分と同じように悩んでいる人達に、その解決方法を伝えたい、もしくは、仲間といっしょに問題を共有してお互いのレベルアップを図りたい、そういった動機でイベントや勉強会を主催しています。

2011年から開催している「ゼロから始めるWordPress勉強会」は、もともと初心者だった自分が、自分よりもっと初心者の人達に向けて開催した勉強会です。

第14回ゼロから始めるWordPress勉強会 〜「Sass+Bootstrap+_sでテーマを作ろう」&質問大会!〜 – Co-Edo WordPress 勉強会 | Doorkeeper

ただ、公開で集客することは、参加する人の貴重な時間を奪ってしまうかもしれないという【責任】が発生するのも紛れもない事実です。

そして過去、自分の開催したイベントや勉強会で、参加した人の期待を下回ってしまったり、進行に不手際があったりして、貴重な時間を奪ってしまったと思った経験が何度もあります。

でも、その責任を恐れてイベントや勉強会自体を開催しないとすると、本当はそれで助かったり、今の壁を超えられる人達の機会をなくしてしまうとおもっています。

これは自分が主催の時だけの話ではなく、たとえば、自分がGruntについて学びたい!っておもっている時に、Gruntを学びたいと思っている初心者に向けて勉強会を主催している人が、その【責任】を恐れて勉強会を開催しなくなることはとても残念です。

もちろん、耳の痛い厳しいことを言ってくれる人のほうが、自分の成長のためには有用であり、主催者はその都度、外部からの批判や注意を受けて、改善、レベルアップしていけるに越したことはないのだけど、運営や内容はグダグダだけど、自分と同じように悩んでいる人に知識を供給したい、だから開催するっていうイベントや勉強会もあってほしいと思っています。

なので、素人がイベントや勉強会を主催する場合、参加した人に迷惑を掛けてしまう可能性があるときは、【免責事項】のようなものを掲げると、運営に注力しているイベントと、開催することに注力しているイベントとを、客観的に判断できるのかもしれないと思いました。

 - 日記