親指シフト練習開始「とりあえず100回やってみる作戦始動!」

昨日からはじめた親指シフトの練習。自分の練習の記録をこちらでつけていきます。

練習1日目

NICOLA派宣言のサイトの「Section3. 頻出語句の練習」からはじめる。

親指シフト

しかしながら、キーボードを探すのが大変なので、まずはホームポジションにあるキーから練習することにする。

親指シフト

「Section 4.ホームポジションの練習」から、

「おとうとは いもうとは おとうとは いもうとは」
「じけんと けいじ じけんと けいじ」
「なぜ きっと なぜ きっと なぜ きっと」

をひたすら入力。といっても1つの語句を10回ぐらいだったかも。(カウントしていない)

なんか疲れたので終了。

練習2日目

「Section 4.ホームポジションの練習」からはじめたものの当初は

「おとうとは いもうとは おとうとは いもうとは」
をうち
「じけんと けいじ じけんと けいじ」
をうつ

というようなことをやっていたのだが、イマイチ体への染み込みが悪いので、「まずは100回やってみる作戦」をとることにした。

ちなみに、「まずは100回やってみる作戦」とは、自分の出来ないことを何も考えずにまずは100回やってみるという言葉どおりの作戦である。

すんごく眠くて打っているうちに頭がボーッとしてきたのだが、なんとか下記4パターンをそれぞれ100回、エディターに入力。

「おとうとは いもうとは おとうとは いもうとは」
「じけんと けいじ じけんと けいじ」
「なぜ きっと なぜ きっと なぜ きっと」
「もっとあいしてもっとあいして」

親指シフト

私はCotEditorを使っているのだが、「もっとあいしてもっとあいして」と100回書かれている部分を妻がみたら、きっと僕の頭がおかしくなってしまったと思われるだろうなぁという不安がふとよぎった。

まとめ

「とりあえず100回やってみる作戦」は、初日のやり方にくらべなんとなくよさそうな感じがした。

親指シフト

3日目の明日のノルマは、下記の4パターンをそれぞれ100回タイピングすることにする。

「であいのばであいのばであいのばであいのば」
「おんなはどきょうおんなはどきょう」
「とってもげんきとってもげんき」
「ぜんはんをみてもぜんはんをみても」

目指せ5倍速いタイピング!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク