熱すぎるMacBookProを携帯可能でスタバでも使えないこともないファンで冷やしてみた

MacBookPro15 Retinaを使っているのだが、普通に使うとかなり本体が熱くなる。どうやらkernal_taskが暴走する可能性の一つとして温度が高くなることもあるし、先日、先代のRetinaが壊れたこともあって、外部ファンを使った熱対策をすることにした。

当初、こんな感じのノートPCの下において使うものを考えてよさげなものをさがしていたが、持ち運びできる点を考慮し、最終的にはUSB接続できるファンのみのタイプを購入した。

購入したのは、このTIMELY USBファン BIGFAN120U for Men

USBファン

Amazonの評価では大きいことが書かれていますが、写真からはあまり大きさがイメージできませんでした。(寸法は12cm程度と書いてあります。)ちなみに、携帯電話とならべるとこんな感じ。

正直、大きいですが、ファンのまわりにガードがついているので、かばんの中に入れたとしても大丈夫そうです。

USBファン

これだけ大きいと風も十分で、下の写真のようにMacの下になにかものを入れて空間をつくり、MacBookProを冷やしています。そして、効果は絶大で、いつもならアツアツになるMacの下面ですが、まぁあったかいかな程度に抑えることができます。

USBファン

さらに、風量が多いので、普通に自分が暑い時の扇風機がわりにもなります。

ただ、会社など自分のデスクで使う分にはよいのですが、スタバの共有テーブルみたいなところでつかうと、隣の人に風があたってしまうこともあります。

あと、さすがにこんなファンをスタバで使っている人はおらず怪しげな目で見られることもありますので、そこらへんは自己判断で….(僕はつかいますけど)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク