CPIのレンタルサーバーACE01のプランでEC-CUBEをドメイン直下にする方法

いろいろ格闘の末、無事に新しくインストールできたので備忘録。

1.CPIのコントロールパネルから、ワンクリックインストールでEC-CUBEを最後までインストールする。
  インストールすると、
home/userID/html/html/
home/userID/html/data/
というファイル配置になり、EC-CUBEのドメインはmydomain.com/html/ となる。

2.FTPソフトを使ってEC-CUBEのファイルを移動する。

a) home/userID/html/html/

中身のファイルとフォルダを
→ home/userID/html/ に移動。

b) home/userID/html/data/

→ home/userID/ に移動

3. home/userID/html/に .htaccessをつくる。
   中身はこんな感じ。

AddHandler x-httpd-php528 .php
suPHP_ConfigPath /home/userID/html/
allow from all

4.  念のため、php.iniは、home/userID/html/ にあり、
   中身はこんな感じ。

mbstring.language = Japanese
auto_detect_line_endings = on
output_handler = mb_output_handler
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.encoding_translation = on
mbstring.detect_order = auto
mbstring.substitute_character = none
magic_quotes_gpc = off

5. home/userID/html/data/config/config.phpの編集
  そのままだと、自分のドメインに”html/”がついているのでこれを修正

define (‘HTTP_URL’, ‘http://mydomain.com/’); ← ”html/”を削除
define (‘HTTPS_URL’, ‘http://mydomain.com/’); ← ”html/”を削除
define (‘ROOT_URLPATH’, ‘/’); ← ”html/”を削除

こんな感じです。

ちなみに、SSHは固定IPを持っていないと利用できないので、月1000円で固定IPを使わせてくれるマイIPというサービスを使っています。

公式サイト → CPI

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク