ド素人プログラマーの私が昨日はじめて知ったPHPのデバッグに関連する便利な方法

昨日、phpを書いててエラーが発生。通常は、最初の方からコメントアウトしていって、どこでエラーが発生するかを確認するしかやりかたを知らなかったのだが、たまたまそばにkmikageさんがいたので、プログラマーの人は普通どうやってデバッグをしているのかを教えてもらった。

以下は備忘録。

1.ターミナル関連

pwd : 現在のディレクトリ位置を確認
php エラーがでるphpファイル: エラーの種類とエラーが出る行数を返してくれる
php -v :phpのバージョンを表示
which php : phpのパスを返す

2.エディター (Espresso)

指定行にジャンプ: コマンド+L

という感じ。

特に、ターミナルから該当phpファイルを実行させてエラーメッセージと行数がわかるのはかなりの大発見!
昨日もまたプログラマーレベルが1上がった!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク