自炊:CARLディスクカッターDC-210Nで裁断→ScanSnap S1500でスキャン → FTPでサーバーに転送 → GoodReader iPadで閲覧

最近話題となっている書籍をスキャナーで電子化するという”自炊”にチャレンジしてみた。
ちゃんとしたエントリーはまた改めて書くので、防備録。

裁断

プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106と迷ったが、PK-513Lは重量が18kgもあることと、サイズが大きいこと、値段が3万円ほどするので、結局カール事務器 ディスクカッター DC-210Nにした。DC-210NがPK-513Lより劣っているのは1回の裁断ページ数であるが、結局スキャンに時間がかかるので、1回で裁断できるスピードよりも、使用しないときに簡単に収納できるDC-210Nを選択した。裁断が1回でできなくても、特に不都合はない。

コメント

・1回40枚程度。ページ数で80ページほど
・カッターを使った方がきれいにばらばらにできる。

スキャナー

・スキャン時最初のページが一番下で逆さまになる向きでセット。
・設定はグレーのスーパーファインモード
・継続読み取りをチェック

リーダー

GoodReader for iPad 3.7.0(¥600)

iPad 互換 iOS 3.2 以降が必要

GoodReader for iPad 3.7.0
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥600 App
更新: 2011/05/04

iPadiPad

・FTP設定 文字コードが違うと、文字化け&ダウンロードできない。
・文字コード
X2サーバー ブラウザ上のファイルマネジャー:ShiftJIS
FileZilla UTF8

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク