健康の為に通勤で歩くということ

去年の6月から住み始めた町田の藤の台団地というところは町田駅からバスに乗って20分程のかなり不便な場所。お隣の多摩市で育った自分にとっては馴染みのある地名や地域であったが、実際はここら辺の地図は頭に入っていなかった。

そんな事もあり、終バスを逃したら迷う事無く玉川学園からタクシーという流れで、深夜料金でおよそ1500円程という距離はとても家から駅まで歩くという選択肢の浮かぶものではなかった。

でも、先日購入したちょっときつめのリーバイス。若かりし頃は28のサイズで全く問題なかったのだが、20年程の時間の経過とともに大きく体型も変わってしまった。505のサイズ30は、はけないこともないが、それをはいている自分は客観的に見ていわゆる”ぴちぴち”という状態であった。

現在は週1でバレエは行っているものの、それはアダジオクラスであるためカロリー消費にはあまり貢献しない。なので、プールやジョギング、その他有酸素運動を検討したのだが、時間の配分と継続性の問題でなかなかしっくり行くものが無い。結果、時間も継続性も解決できる方法として、家から駅まで歩いてみてはどうかという思考にたどり着いた。

で、まずは家から町田駅までを歩いてみた。iPhoneアプリのRunKeeperで時間と距離を計測してみたのだが、約4km弱で40分程。まぁ、出来なくもないが時間もパワーもちょっと予算オーバーという感じ。

そこで、藤の台団地は本当は玉川学園が最寄り駅という話を思い出し、別の日に玉川学園駅まで歩いてみた。同じようにRunKeeperで計測すると、約2kmで20分程。町田駅と違い各駅停車しか止まらないというデメリットはあるが、これぐらいなら時間も距離も手頃な感じ。朝夕と歩けば、毎日4kmのウォーキングとなる。

そんなわけでここ3日程歩いてみたのだが、なかなか調子が良い。ふくらはぎに疲労感があるが、このウォーキングを始めたからおこった変化として、まず、尻が引き締まった。それまでのブヨブヨした状態から、尻は筋肉だと感じられるような状態になった。あと、顔の頬の部分がすっきりした。以前はちょっとむくみぎみだったのだが、血液かリンパかわからないけど循環がよくなり、頬も体全体もむくみがなくなり、すっきりした感じになった。

ということで、思った以上に心地よく効果もでているウォーキング。これから暑くなるとどうなるかはわかないが、しばらくは続けてみようと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク