MacBookPro13incのメモリーを4Gから8Gにしてみた

夢とMacのメモリはでかければでかいほどいい

新型MacBookPro13incは標準でも4Gという十分なメモリを積んでいるのだが、VMwareFusion3を使ってWIN XPを走らせ、DIALux(3Dの照明設計ソフト 仕事で使います)をやろうとすると、どうももっさり感が否めない。また、ChromeやEvernoteのなんかテンポが微妙。4Gもあって購入したばかりなのに贅沢?!とおもいつつ、20年近く昔に研究室の先輩が僕に語っていた冒頭の格言を思い出し(ちなみに、当時の私はP6→P88MR→P98RSというバリバリのNECユーザー)、メモリの増設を検討することにした。

調べてみると、SAMSUNGの4Gのタイプで1枚4,400円ほど。標準では2Gが2枚ついているので、これをまるまる交換して約9,000円ほどでメモリ倍増できることがわかった。

さらに調べてみたところ、町田のドスパラでこのメモリが4,280円だということもわかり、本日2枚購入。本当は、交換のためのマイクロドライバーもあわせて買ってくる予定だったのだが、すっかり忘れていて家についてからやっと気づいた。

が、しかし!

1000000855
1000000855 Photo by nakachon2

昔、100円ショップで購入した小さいドライバセットがあったことを思い出した。

1000000848
1000000848 Photo by nakachon2

で、MacBookProをひっくり返してネジにあててみたところ、ばっちり!

1000000849
1000000849 Photo by nakachon2

無事にネジを外して、パカリ!

1000000850
1000000850 Photo by nakachon2

メモリはこんな感じでついています。

1000000851
1000000851 Photo by nakachon2

メモリ横にあるバネを外側に押すと
こんな感じでメモリが浮き上がります。
これを2枚分。

1000000852
1000000852 Photo by nakachon2

こちらが、本日購入した4Gのメモリ。

1000000853
1000000853 Photo by nakachon2

2枚とも交換完了。

スクリーンショット(2011-03-22 21.30.14)
スクリーンショット(2011-03-22 21.30.14) Photo by nakachon2

作業が無事に終了したのでスイッチオン!
アプリケーション → ユーティリティ → システムプロファイル
で、メモリがちゃんと4Gで2枚装着されていることを確認

スクリーンショット(2011-03-22 22.21.21)
スクリーンショット(2011-03-22 22.21.21) Photo by nakachon2

つづいて、VMwareFusion3のメモリも2Gに変更。

ということで、所感

しっかりとベンチマークをとっていた訳ではないので数値ではいえませんが、OS Xの部分はかなり速くなった感じです。アプリ起動も切り替えもChromeのブラウザもサクサク。

ただ、VMareFusion3でXPを立ち上げ、DIALuxを起動したところ、これは結構時間がかかった。でも、メモリ増設前はもっと時間がかかった感じなので、改善はした様子。

DIALuxで家具を増やしたり、器具を増やしたりしても、本当に実用的なスピードなのかどうかはわからないが、それは今後使いながら検証していくことにする。

なにはともあれ、やっぱりPCは接している時間が長いので、レスポンスが改善できる手段はなるべくとりたいものです。(お財布と相談しながら)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク