CPIのレンタルサーバーでXOOPSをインストールする方法

株式会社KDDIウェブコミュニケーションズが運営するCPIのレンタルサーバーにはCMSインストーラーという機能があり、XOOPSやPukiWiki、WordPressなどを簡単にインストールすることができる。ただし、XOOPS Cube Legacy については現在のところバージョンが2.1.7の為、文字コードをUTF8で利用したいとか、新しいXOOPS Cube Legacy 2.2を試してみたいなどというときには自分でインストールする必要がある。

しかしながらこのCPIのサーバーに自分でXOOPSをインストールする場合には2つの問題がある。ひとつはそのままではphpが動作しないようになっていること、もうひとつは標準の文字コードがEUC-JPに設定されているため、UTF8で利用する場合は文字化けが発生するかもしれないという問題。

ネットでいろいろ検索したところ、自分なりに解決方法がわかり、次のように対応したところ無事にインストールをすることができたので防備録としてここに残しておく。

方法

1.”AddHandler x-httpd-php528 .php”と記載した”.htaccess”のファイルを作成し、インストールするルートフォルダに設置する。

【参考】 CPIオンラインヘルプ PHPをするには

2.コントロールパネルの【お客様情報】から【プログラムのパスとサーバの情報】をクリックし、使用するPHPと同じバージョンのphp.ini情報をテキストファイルにコピーする。そして、テキストファイルにある”register_globals”をoffからonに書き換えて保存。先ほどの.htaccessと同じルートファイルに設置する。

【参考】 CPIオンラインヘルプ PHPの設定を変更する

この時点でPHPが動作するようになっているので、ブラウザからURLを入れてinstallが始まるかどうかを確認する。

3.先ほど変更したphp.iniをまた開き、

efault_charset = UTF-8
mbstring.internal_encoding = UTF-8

と変更して保存。変更したphp.iniをアップロード。

【参考】 CPIでWordpressの日本語が入力できない Hiromitz@blog

以上で設定完了。あとは通常通りXOOPSのインストールを進めれば目的は達成できると思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク